日米欧金融政策の方向の相違、世界経済のリスクに=IMF専務理事 | ロイター

[2015/03/12 (06:51) - 経済カテゴリー]

ベルリン 11日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は11日、日米欧の中央銀行の金融政策の方向性が異なっていることが、世界経済にとってリスクとなっているとの見解を示した。 ベルリンを訪問中の同専務理事は、米連邦準備理事会(FRB)が金融政策の ...

[続きを読む]

経済ニュース [新着記事3件]

この記事に対するコメント
名前(任意)
コメント